KURARAY CO.,LTD.
KURARAY POVAL


HPポリマーは従来のポバールと比較して、優れた水溶性を有します。
そのため、特に完全けん化品について、より低い温度での溶解と溶解
時間の短縮が期待出来ます。

このようなHPポリマーの特長は、未溶解問題の解決、作業性の改善、
コスト低減につながります。

未溶解分の比較(クラレ法での一例)
温度
(℃)
時間
(分)
未溶解分(%)
HP-F117 PVA-117
75 30 0.024 0.897
80 30 0.006 0.066
85 30 検出せず 0.010
濃度=10%、攪拌速度=300rpm
30℃の水に投入後、各温度まで昇温、30分間攪拌を続け、未溶解物をろ過して計測。

All rights reserved,Copyright(c)2004,KURARAY CO.,LTD.