KURARAY CO.,LTD.
KURARAY POVAL
<クラレポバール>の概要
ポバールの生産
ポバールは1924年にドイツで発明され、日本で発展した樹脂です。日本は世界一のポバール生産国であり、なかでもクラレは最大量(世界の約25%)を生産しています。 ポバールはエチレン、酢酸、酸素から合成された酢酸ビニルモノマーを原料とし、重合とけん化反応を行って生産されます。
1950年代のポバール量産当初は、原料の酢酸ビニルはアセチレンから生産されていましたが、1960年代の終わりごろから、酢酸ビニルは石油由来のエチレンから生産され始めました。現在では、<クラレポバール>の原料の酢酸ビニルは、すべてこのエチレン法が採用されています。



1) 重合反応(Polymerization)

酢酸ビニルモノマー(VAc)分子を幾つもつないで、ポリ酢酸ビニル(PVAc)にする反応を重合反応といいます。酢酸ビニル分子のつながった数を重合度であらわします。 重合度はポバール水溶液の粘度、皮膜の強度に大きく影響します。 この重合度の段階で他のモノマーを共重合させることが可能であり、これによりポバールの物性を変えることができます。
(「クラレ機能性ポリマー」を参照してください)


2) けん化反応(Saponification)

ポリ酢酸ビニルの酢酸基を水酸基に置き換えポバールを合成する反応をけん化(鹸化)反応といいます。ポバール中の酢酸基と水酸基の合計数に対する水酸基の百分率をけん化度であらわします。けん化度の高い順に完全けん化、中間けん化、部分けん化ポバールなどといいます。ポバールのけん化度は水への溶解性、皮膜の耐水性などに影響を与えます。

All rights reserved,Copyright(c)2004,KURARAY CO.,LTD.