KURARAY CO.,LTD.
KURARAY POVAL
技術情報
取扱いの注意事項

1.応急処置

目に入った場合:一般の異物が入った時と同様に流水で洗眼し、眼科医の手当てを受けて下さい。
皮膚に付着した場合:粉末の状態又は水溶液の状態で付着した場合ともに水洗除去して下さい。
吸入した場合:うがいをして新鮮な空気を吸うようにして下さい。
飲み込んだ場合:微温水を与えて吐かせ、すぐに医師の手当てを受けて下さい。


2.火災時の措置

消化方法:一般の火災同様、水、あるいは粉末消化剤等で消化して下さい。
消化剤:水、粉末消化剤、炭酸ガス消化剤を使用して下さい。


3.漏出時の措置

粉末:滑り易いので、こぼれた場合はすぐに取り除き、容器に回収して下さい。
溶液:滑り易いので、拭き取るか、水で洗い流して下さい。尚、廃水が大量の場合は、活性汚泥等で処理して下さい。


4.取扱い及び保管上の注意

取扱い:

  1. 微粉を含んでおり、溶解槽への仕込み時に粉塵が立つので、皮膚及び目を保護するために、ゴム手袋及び保護眼鏡等をつけて下さい。

  2. 大量に取り扱う場合には集塵装置を設置して下さい。また、静電気、火花を着火源として粉塵爆発を起こす危険性があるので確実に接地を行い、導電性材料を用いる等の対策が必要です。

保管:

  1. 水に溶解するので雨水等がかからないように保管してください。

  2. 吸湿してブロックになりやすいので高温多湿の場所は避けて保管して下さい。

  3. 3,000kg以上の保管については、消防法指定可燃物としての規制を受けます。


5.廃棄上の注意

  1. 粉末状として廃棄する場合は一般塵芥と同様に焼却して下さい。

  2. 水溶液として廃棄する場合は活性汚泥法により処理して下さい。


6.輸送上の注意

  1. 雨水のかからないように幌またはシートを掛けて下さい。

  2. 手かぎ等、袋を破るような器具を使用しないで下さい。


7.適用法規

消防法:非危険物、但し火災予防条例により指定可燃物(可燃性固体類)。
All rights reserved,Copyright(c)2004,KURARAY CO.,LTD.